annex irabako

<< 読書が趣味と言ってみたいが。 | main | 一の酉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密
原作本はアメリカで大ヒットしたらしい。アメリカには登場する母親のようにエキセントリックな女性が多いということだろうか,それとも母親から虐待を受けた女性が多いということだろうか,と想像してしまいそうになるけど,母娘の確執はなさそうで有るものなのかも知れない。

とにかく,この母親がどうしようもなく激しい。感情の赴くまま激昂しやすいのだ。劇作家として成功した娘がタイム誌のインタヴューに,母親から虐待を受けたことを話したことで,二人の間には亀裂が入ってしまう。そこに現われたのが母親の仲間,ヤァヤァシスターズの三人の老女だ。彼女たちは聖なる誓いに基づき二人の仲を修復しようとする。
ストーリーはシリアスとコメディを織り交ぜて進むため,引き込まれた。しかも母娘三代に及ぶ母娘の確執を縦糸に女の友情が横糸になり,絶妙なバランスだ。女の友情とはなかなかむずかしいのだけど,私もこんなお茶目で歯に絹を着せないメンバーだったら入会して奇声を発したくなってしまうな。
にしても母親と娘というのは,似てくるのだろうか。私は絶対母親似ではないと確信を持っていたのだけど,なんだか自信を失いかけてしまった。やれやれ。

さて,それにしても,ここに登場する男性陣が,素晴らしいのである。母親の夫しかり娘の彼氏しかり,包容力があって出来すぎな男性なのだ。女は美しく激しく,男はひたすら優しいのが上手くいく条件なようです。えっ?!

監督・脚本 : コーリー・クーリ
サンドラ・ブロック,エレン・バースティン,フィヌオラ・フラナガン,シャーリー・ナイト,マギースミス,アシュレイ・ジッド
| いら | 映画ーや | 21:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:48 | - | - |
これ面白かったでしょ〜〜?
私もお気に入りに追加だったのよん。

女の友情って、家庭環境やら何やらでなかなかうまくいかないことも多いと思うけど、長年の付き合いで、隠し立てすることもない間柄っていうのも羨ましいような気がしたな〜。

いらるん、男性が素晴らしいって言ってるけど、これって理想?(笑)
私はこれだけ包容力のある男性って現実味がないなぁ〜って思っちゃったw
私の周りにはこんな素敵な男性がいないってことだろうか?(^^ゞ

女は美しく激しく、男はひたすら優しい♪
それしかないね〜〜(笑)
| REX | 2004/11/01 6:54 PM |
さっきREXっちのところに書いてきたけど,
おもしろかったよ。

でも,この映画,男性が観たらどう思うのだろうね。
たしかに現実味のない夫であるから「僕には,こんな女性は扱えない」と尻込みしちゃうんだろうね。
あー,しかし忍耐強い男性だよね。
出来すぎ君と呼びましょう(笑。
| いら | 2004/11/01 9:19 PM |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/94
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE