annex irabako

<< いつから後退が始まったのだろう | main | 不毛地帯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヤング@ハート
JUGEMテーマ:映画


 父が60歳のころ、初めて歌声を聞いたことがある。
まったく歌とは縁のない人だとおもっていたので、キーが高くてその美声にびっくり。
母は長年コーラスグループに入っていたのに、あきらかに父の方が歌は勝っていた。

退職してから社会との接点は母とわたしたち、兄弟のみになっていった父。
もともとクラシックを聞いていた父は、母が亡くなってから音楽を失っているみたいで、この映画を父に見せたいとおもった。

おじいちゃんおばぁちゃんのロックグループの平均年齢は80歳。
冒頭、ザ・クラッシュの「Should I Stay Or Should I Go」を92歳のおばぁちゃんが歌いだす。すごい!それからディラン、ジェームス・ブラウン、スプリングスティン・・・
ドキュメント風ドラマは、コンサート前の練習や私生活にまではいりこみ、かれらが余生を楽しむ、ということを超えたポジティブな姿を見せてくれるのだ。
もちろん、老人ばかりなのだから「死」との隣り合わせ。
じっさい6週間のうちに二人が亡くなる。
それでも、歌うことで乗り越えるのだから音楽のパワーを見直してしまう。
元気がもらえる。
「わたしが死んでもコンサートはやめないでほしい。空の虹に腰掛けて見ているから」と92歳の元気なおばぁちゃんの言葉が印象的だった。

「Fix You」はコールドプレーの歌声もいいのだけれど、酸素マスクをしながら歌ったおじいちゃんがすばらしかった。
コンサート会場では涙していた人も多数いたけれど、映像を見ていてもすごく感動してしまう。
ディランの「Forever Young」も、もちろん凄い。
心を動かすものを秘めている。

かれらが歌をまるごと自分のものにしていたからこそ、
涙がこぼれ、聞き入ってしまったのだとおもう。

とにかく、熱いぞ、老人力!(笑。

| いら | 映画ーや | 16:31 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:31 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE