annex irabako

<< 『1Q84』が呼び寄せる | main | いつから後退が始まったのだろう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
支配の図って
さいきんになって知ったのだけれど、職場には、とある新興宗教の雇い枠があるらしい。
「だから宗教の話はご法度よ」と友人が笑いながら言う。
なるほどなぁ〜、
噂されている人はまるで支配者のように上から目線で話すし、上司にはロボットのごとく従い、自分に迎合するものには「え、えっー?」とおもうこともあっさり許す。
あらら・・・。
首をかしげるほど自分に甘いし、人には異常なほど厳しいしね(失笑。
やれやれ。
ちと、言いすぎかしらん(笑。
 
「1Q84」の圧巻な部分はやっぱり「さきがけ」のリーダーと青豆の会話の部分でした。
リーダーは自分が死んだところで、周りがほっとかない、周りは動き出すと語るのがぞくっとするほど怖かった。

リーダーとはリーダーの資質というものが重要ですよね。
そこに僅かでも曇りがあるとしたら、それは善と隣り合わせにある悪を導きだすのは易く、
リーダーの思惑を超えた部分にまで発展、拡散する危険性は大なのではないでしょうか(思惑がツボにはまったと思うリーダーもいるかもしれないけど。)
そして、たとえ曇りのない清らかな教えを説くリーダーだとしても、同じ危険性は孕んでいないとは言えないでしょう。
わたしは宗教の入り口さえ解っていない凡人だけれど、
妄信する信者を左右してしまう、波みたいなものがじつは一番怖い。
「あれ?おかしくない?」と思考する信者がいたとしても淘汰されてしまうことが。
 
今日、柴田元幸編集の「モンキー・ビジネス」で村上春樹のインタビューを読んだ。
ページをめくっていると「1984」のジョージ・オーウェルの「象を撃つ」が翻訳されていたので、これも読んでみました。
 
ビルマの植民地で警察官として働くイギリス人の「ぼく」の話。
飼い主の手から逃れて、人を押しつぶし暴れる象を追いかけた彼は、発情がおさまり老婆のようにおとなしく草を食む象を見つける。
ライフルを持った、たった一人の自分の後ろには2千人近い群集(武器を持たない原住民)があり、無言の目があり、彼は「撃つ必要がない」とおもいつつ撃つのです。
 
宗教とは離れていても支配という一点において、
なぜか「1Q84」を思い出してしまいまいた。
わたしはたぶん支配されていないし、支配するという言葉からは、かけ離れた位置にいるとおもう。無意識の領域において支配されているのかもしれないですけど。
 
『支配するためには「原住民」に感心されなければならず。そのためには「原住民」を威圧することに、生涯を捧げること、どんな場合でも「原住民」の期待を裏切らないこと、それが白人支配の条件なのだ。仮面をかぶっているうちに、顔が仮面に合ってくるのだ。』
(象を撃つ)

やれやれ支配の図って、
支配の図って、、、怖いです。
 

JUGEMテーマ:日記・一般
| いら | 思う | 17:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE