annex irabako

<< 2分間の飛翔 | main | 4ヶ月、3週と2日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ダージリン急行


インドというとスピリチュアルな感じがする。行ったことはないのだけれど、若かりし頃の知人でインドに魅せられ、帰ってこなかった人もいるし、大沢たかお主演の沢木耕太郎「深夜特急」の映像、藤原新也の写真も影響しているのかも。
それに、わたしのように心の底に泥を抱えている(?)ものには、ちょっぴり怖く(笑。

けれど、ウェス・アンダーソン的インドは、
ばかばかしいほど楽しいスピリチュアルワールド!

ビル・マレーのだるそうな顔を焼き付けられたときから、いっきにウェス・アンダーソンの世界に引き込まれ、3兄弟の長男は「心の旅だ!」と、ことごとく言うのですが、やたらうなずいてしまい、同じ乗客になってしまうのです。

おちゃめなダージリン急行列車、カッコいいマーク・ジェイコブスのスーツケース!カメラがくるりと回転して魅せてくれる光景。やっぱり車は牛さんを避けるのだ、なんて感心して(笑。そして、わたしの日常とかけ離れた原風景というか、まったく違う心もように、不思議となごむのです。
3兄弟はそれぞれ、わたしたちと同じく心の傷を抱えているし、要領のいいずるさも持ち合わせている。とっても人間臭いし、ほんとうはシリアスな内容なのに、おちゃめな風味がゆるゆる感をそこなわせないしね。


ウェス・アンダーソン風インドマジックはさすがです。
やってくれます。
旅の終わりには不思議な爽快感。

2007年・米
ウェス・アンダーソン(監督)
オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン
JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ーた | 18:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:59 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE