annex irabako

<< ダークナイト | main | 見えていたものが見えなくなって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
後ろを向く
怒りで震わせた唇、炎が飛び出しそうな瞳。
何を勘違いしたのか、巨大な妄想にとりつかれたのか、kさんがわたしを見据えて、言葉にならない言葉を吐く。呆気にとられたわたしは彼女の言おうとしていることが理解できない。

「彼女、ば〜かだから、頭おかしいのよ」と言った人がいるけれど、わたしはじつは別のところで感心していた。面と向かって他者を攻撃できること。感情を露出してぶつけることができること。すごいなぁ、えらいなぁ。よくできるなぁーって。わたしだったら胸の奥で転がして、あばれる感情にけんめいに水をかけ、攻撃的では無いシャーベットのような言葉をさがしちゃう。

いつからだろう、そーなったのは。。。

彼女みたいに抑えきれない感情をたれ流した時期もたぶんあったとおもう。ごくごく近い人には面と向かって攻撃することもあったとおもう。なのに、今はどうにか違う道を探そうとする。上手く逃れる道を探し当てようとする。そして、背を向けて丸くなろうとする。
以前はそういう人を「ずるい」とおもったような気もする。ちゃんと目を見てくれないから「酷い」とおもったような気もする。

だからわたしは今、ずるくて酷い人になっているのかもしれない。
気持ち悪いのに小さな勝利だと酔い、これでいいのだという囁きに耳をかたむけ、
それでも自身はぼろ雑巾で、
少し痛い。

JUGEMテーマ:日記・一般


| いら | 思う | 23:55 | comments(7) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |
> わたしはじつは別のところで感心していた。
> シャーベットのような言葉をさがしちゃう。
> 小さな勝利だと酔い

■今年はつくづく、『連合赤軍』イヤーだな、と想いながら読みました。
我々(?)にとっては、オリンピック・イヤーでは無いんですよね(笑)。
そっか。『ダークナイト』も行きたくなっちゃった♪
いらさん、『アクロス・ザ・ユニバース』、観ました?いらさんの感想、読みたいです。
| 久保AB−ST元宏 | 2008/08/27 2:28 PM |
くぼさん、どーもです。
今日の共犯新聞「アクロス・ザ・ユニバース」が流れていますねー。胸がキューとしました。
その映画なんですが、知ったのはつい先日で、もしかしたらもうすぐ終了になっちゃうかもしれませんね(涙。く、悔しい・・・
ビートルズはわたしにとってはやはり別格で、YOUTUBEで観ただけでも画面が揺れちゃうんです。公式ページを見てきたら「いちご白書」も再見したくなりましたね。

「ダークナイト」はぜひ、くぼさんに観てほしいです。圧巻です。
| いら | 2008/08/27 10:11 PM |
『感情を正直に表明する』ことが誠実である、と感じる感覚と、それをしない罪悪感には私にも覚えがあります(同じことを言ってるのかどうかわからないけれど・・・)
 若い頃は何かで落ち込む度に、すぐそこに原因を持っていってしまっちゃってた。
 自分が「がっぷり向き合って欲しい相手に向き合って貰えない」辛さを、自分が「常に完璧に誠実ではないからだ」と原因付けようとしていたんだと思う。
 
 でもそれって実は関係なくて、対等になりたいと思う相手には素直にぶつかればいいだけで、そうしたいと思わない相手には「あなたと対等になるつもりない。」という態度で徹するのでいいんだと、割り切ってしまえている今の自分は、やっぱり汚れた大人になったのかな笑

 歳をとってからの悩みは、自分がそうしてある意味「だめな時はだめ」と覚悟することが、諦めとか達観と受け取られてしまって、精一杯のつもりなのに、それが伝わらない気がすることかな。解って欲しい、んだけれど、解って欲しいのは「何か」ではなくて、「私を」解って欲しいんだってことって、解ってもらうのが難しい笑
 「解ってもらえなくてもいいと思ってる私を、解って欲しい」って。

 感情を爆発させている人も、きっと、本当に言いたかったことは殆ど伝えられず、発散も出来ず、わかってもらうことも出来ないままだと思うし、精一杯の自分に正直で誠実であって、それを誰かにぶつけるのって、本当に難しいことだって思います。

 たぶん、それが最上の「愛の表現」なんだろうな。
| | 2008/08/28 1:35 PM |
↑名前が消えちゃった。
 いらさんごめんなさい、上の投稿したの、ろーらです。
| ろーら | 2008/08/28 1:38 PM |
8ビートで考えている人にとっては、4ビートはゆるくて、5ビートはめんどくさいだけだから、16ビートで感情を表現しちゃうんだろうけれど、さりとて、4ビートは16ビートにはのれず、5ビートは16ビートをますます不安にさせちゃう。

でも、ビートはビート。
ぜんぶ好き。
だからシンコペーションで踊りながら、ジャム演奏に加わっちゃう。

世界にはシンコペーションが不足しているんだと思う。
| 久保AB−ST元宏 | 2008/08/28 5:37 PM |
ろーらさん、誠実なコメントありがとう。感謝!

>「解ってもらえなくてもいいと思ってる私を、解って欲しい」って。

これ、解かりますね。たぶん、今の自分もそういう部分があって、だめなんだから解からなくていいとおもっている。それでも、解かってもらえないと「解かってもらえなくてもいい私」は、じたばたした後に、すごく冷たくなるみたい。
そこがやさしく誠実なろーらさんとは違うのかもしれないなぁ。
数年前に「いらさんって、じつは冷たい人ですよね」と言われたことがあって、今でも、その言葉が渦巻いていて、落ち込むことがあります。


攻撃的になった人は、あきらかに「わたしを解かってほしい」ではなく、わたしを非難したのでした。
5,6年前にもネットでもわたしを攻撃してくる人がいて、メールを開くたびにどきどきしたことがありますし、すごく哀しかった。最初は誠実に対応していたのですけどね。でも、そういう人はどんどん私自身に立ち入ってくる。それがすごく嫌で、ついには無視するしかなく。

だからでしょうか、最近はとても慎重になっていて(笑。

| いら | 2008/08/28 11:23 PM |
くぼさま、

ジャムセッションいいですね。波動の合う人とはばっちりもりあがり、そーでない人とも、軽くセッションする。
それが大人っていうもので。
万年少女のわたくしですが、チクリとすることがあってもうまくセッションできるようになってきたんじゃないかなぁーとおもいます。
老若男女の方々と平行につきあっていける、オトナのくぼさまを見習いたいです。

もしかしたらですが、明日の最後の最終の回の『アクロス・ザ・ユニバース』にいけるかも(笑。
| いら | 2008/08/28 11:29 PM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE