annex irabako

<< 年明けて語ること | main | スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ヒースが…
昨日の雪は「涙雪」というらしい。
お昼には号泣していたのに夜半には消えていて。
でも、山奥の我が家の周りにはうっすらと雪が残っていた。
今日は一転して竜巻のような風が舞い、吹き上げられた軽い落ち葉が回転し、海がいちいち興奮して身構える。彼の目には何に見えるのだろう。小心ものだなぁ、なんて思いながらマンションの入り口を見ると、いっこの雪だるまが枯れ草の上でバツが悪そうに形相を崩して座っていた。



スターのゴシップには割合無関心なわたしだけれど、ヒース・レジャーの訃報にはびっくりした。一週間ほど前にブラッド・レンフロの死を知ったばかりなのに、なんということだろう。ジェームス・ディーン、リヴァー・フェニックスと男前で影のある男優は死に急ぐのかとおもってしまう。老いる姿はふさわしくないかのように。
「マイ・プライベート・アイダホ」がわたしの記憶のリヴァーとしてあるように、「ブロークバック・マウンテン」がヒースの記憶として、きっと永遠に残る。そうそう、ブラッドはブラピの子供時代を演じた「スリーパーズ」。
にしても、すべて同性愛に関連している映画とは…なんという皮肉。

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画その他 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:09 | - | - |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/592
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE