annex irabako

<< 大名巻き | main | 伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ドリームガールズ


「ドリームガールズ」を観た。

R&Bやソウルを聞くと体がむずむずしてしまうのは、そういう世代ということなのだとおもう。記憶に叩き込まれたブラックミュージックの面々が自然と浮かんでくる。

ストーリーはアメリカ音楽業界のからくりで、想像していたとうり。ダイアナ・ロスとシュープリームスをモデルにしていると知っていたからかもしれない。
にしても、
ジェニファー・ハドソンの度迫力に、わたしはただただ圧倒されていた。
とくに「わたしを愛しているはず。わたしを愛して」と歌うグループを抜けるときの熱唱はすごい。恐怖さえ感じるほど愛を求める強烈さにたじろぎ、かたまってしまった。
ほんとうに鳥肌がたった。
この歌を聴く(観る)だけでも観たかいがあったとおもう。
| いら | 映画ーた | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:53 | - | - |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/548
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE