annex irabako

<< ごあいさつ♪ | main | プルートで朝食を >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
硫黄島からの手紙


「父親たちの星条旗」も素晴らしかったけれど、「硫黄島からの手紙」の底辺には深い愛が語られていた。愛するものからの手紙。愛するものへの手紙。それを書くのは同じ血の通った人間であるということ。
捕虜のアメリカ兵が持っていた母親からの手紙に、初めてアメリカ兵も同じ血の通った人間であること気づく日本兵のように、戦争はあたりまえのことすら押しやってしまう。戦争は愚かにも境界線を掘るだけなのだ。

それでも、年明けの初映画にしては、重く息苦しい映画だった。

映画には悲しくも腹立たしいシーンもあるし、愚かであることも人間の一面であるとわかっていても、それが国という器によって殺されてしまうことには悔しささえこみあげてきた。

わたしは本土から捨石にされた硫黄島の男たちのことを知らなかった。そこに栗林という人間らしさを失わない素晴らしい上官がいたことも知らなかった。
二宮くんの役は職業軍人でなく、戦争に巻き込まれた市井の庶民の姿。軍隊に対して冷ややかな目を向けているし、カミカゼ的な思考もない。たぶん、現在のわたしたちの視点かもしれない。だからこそ、彼に気持ちが入り、栗林と出会って彼に信頼を寄せていく姿には感動していたのだとおもう。

この映画が日本人によって作られたのでなく、アメリカ人の作った日本映画であることを突然おもいだすほど、当時の日本の姿が描かれていたと想像できる。
ドキュメンタリータッチのすごい映画でした。多くの方々に観てほしいとおもう。

…にしても感動しすぎて、書きたいことの半分も書けませんでした。
| いら | 映画ーあ | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:30 | - | - |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/507
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE