annex irabako

<< 白バラの祈り | main | たぶん、どーでもいいこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
のだめカンタービレ
またたくまに12月も半ば。
はやいなぁ〜。仕事から帰ってくるとぼーっとTVを観ていて時間がたってしまう。というのも液晶の大型デジタルがいよいよ我が家にもやってきたので、TVの前で芋虫になっているだけなんだけど。
で、なぜかぼーっとする時間に「のだめ」をやっていることが多い。クラシックって仕事で疲れた心を癒してくれるわけですよ。

とりあえず幼少のころからピアノをやっていて、若かりしころ一時芸大に出入りする仕事もしていて、オペラなんかも観にいって、そうそう30代のころは友人二人とセミプロの方々を呼び、ミニサロンを開いたりしていたなぁ。そんなわけで、わたしはクラシックに深くはないけれど、溝があるわけでもないのです。
で、前回の「のだめ」ですけど、主人公がこどものころショパンのマズルカを弾いていてピアノ教師に殴られるシーンがあって、ふと私も一回だけ娘を突き飛ばしたことを思い出したのですよ。なんで、この子はいい加減な弾き方をするんだろーって。3歳からチャミには有名な先生につけさせ、家での練習にはわたしが目をひからせていたのだけど、彼女は勤勉だから小4のころにはショパンまでいった。先生は音大への道をすすめるし、わたしもちょっとその気になったりしたのだけど、チャミがはっきり音楽の道にはすすまない、って宣言。自分が何に向いているかをそのころから考えていて、それを小5ではっきり言うもので、この子はきっとわたしの思惑から外れた道にすすむのだろーなぁと驚いたなぁ。で、彼女は心理学をやって、今はキャリア(笑。

あは。すぐ話がそれちゃう。
その「のだめ」ですが、原作は漫画らしいけれど、あたりまえだけど漫画に音はのせられないわけで、そーいう意味ではドラマとしては成功しているのかもですね。
それに、自分の才能に気づかない天才が周りの人によって気づかされていく話というのは魅力的なものなんです。そーいえば「ガラスの仮面」もマヤの底知れぬ才能に心躍らされて読んだのだったなぁ(まだ連載しているのかしら?)
| いら | 映画以外を観る | 00:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:57 | - | - |
そういえば、いらさんの娘さんって大学生なんですか?
| Taka | 2007/01/11 1:28 AM |
NO!です(笑。
卒業して働いてます。
たぶんTakaくんよりも少し年上だとおもいますことよ。
| いら | 2007/01/11 12:48 PM |
えー、そうなんですか!?
ぼく、てっきりまだ中学生ぐらいかと勘違いしてました(笑)
……てことは、いらさんの年齢もぼくは見当違いしてたってことなのか……?(意味深)
| Taka | 2007/01/11 5:48 PM |
それはそれは長い間失礼いたしました。
45を超えると年齢を書きづらいということで、ごかんべんを(笑。
| いら | 2007/01/11 6:49 PM |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/502
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE