annex irabako

<< パソコンテレビ | main | 一週間ぶり? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
きみに読む物語

ずらーっと並んだそのDVDの前はいつも躊躇なく素通りしていたのに、どうしたことか手にしていた。想像していた通りの恋愛もの。ちょっと臭すぎるラブストーリー。
けど、10代のアリーとノアの恋愛物語は強い引力で自分を過去のある時点に連れていくのだから、なんだかくすぐったい。
恥かしながら、わたしはアリー(レイチェル・マクアダムス)のような女の子だったらしい。おきゃんで鼻っぱしが強く、親の拘束に反抗的で(笑。あぶなっかしくて付いていてあげたい、とか、子犬みたいと言われたことが何度かあった(失笑。まぁ〜そんなおばさんの身の上話もキモ悪いから、「きみに読む物語」に戻りますか。

このストーリーの軸は「永遠の純愛」
この永遠の純愛を貫く男に、女は理想の男性像を見てしまうという魔法の物語だ。

ストレートに告白してくる強い男。自由で豊かな感性で包み込んでくれる男。ふたりの約束を守り形にできる男。愛を片時も忘れることの無く、死ぬまで妻のために愛を捧げ、たとえ妻がアルツハイマーになってもふたりの愛を読み聞かせる夫。

女性側にとってはヒジョーにつごうのよい男性像は女の涙を誘うし、酔わせてくれる。アリーのような幸せな女を夢みてしまう。ひところブームだった(今も?)韓流ものもこんな感じなんだろうか。やれやれ。


ニック・カサヴェテス(監督)
ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ
| いら | 映画ーか | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:28 | - | - |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/360
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE