annex irabako

<< 下妻物語 | main | アビエイター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
16歳の合衆国

リーマンは感性の鋭い普通の16歳の少年。
彼は繊細さゆえに世界の裏側にある哀しみから目をそらすことができない。そしていつのまにか哀しみの風船を抱えてしまうようになっていた。

恋人の弟、知的障害者を殺してしまうのだ。

人は紙一重の善悪の世界、矛盾だらけの世界とわかっていても、どこかで目をつぶり、哀しみを塗りつぶし、とにかく肯定的に生きようとするものだけど、繊細すぎる少年には辛すぎることなのだろうか。
そして、それはリーマンだけでなく、風船を抱えた少年に繰り返されていく・・・。

とにかく衝撃的だった。
「アメリカン・ビューティー」ほど洗練されてはいないし、切り替わるシーンが激しくてつっこみを入れたくなる。
けれど、アメビューを彷彿とさせ、
アメビューのように心に深くもぐりこんでくる作品だ。
「理由」。殺人の理由を知るために観客を引っ張るのだけど、映画は少年の殺人の「理由」を知ろうとすことだけに終始してない。「理由を知りたい理由」までひろがっているような気がする。そして、愛、家庭、矛盾・・・と、テーマから枝が伸びるように広がっていく。それが私達の些細な「過ち」まで気ずかされていく。観終わった後でもその残骸が残るように深く。
過ちには「理由」がある。いや、在るようで無いのかもしれない。ただ理由を一言では言いあらわすほど簡単ではないということ。
断片の総体以上に人生はこんがらがっているのだから。
簡単に見えるものほど複雑だったりするものだし。

小説家を目指す教官パールは小説のネタという野心を持って、リーマンをカウンセリングしようとする。殺人の理由を知ろうとする。
それに対して「過ちを犯しているからわたしは小説を書くのだ」とリーマンの父(ケヴィン)は言う。
わたしはオトナであるけれど(見かけは!)純粋さを嗅ぎ分けられるオトナでいたいものだ。

あー、なんだかまとまりません。思い入れが深いといつもそうなんです(泣。
邦題のダサさにスルーしていたのですが、娘の強力な(笑)すすめで観てみました。わたしからもおすすめです!
音楽も凄くイイです!

マシュー・ライアン・ホーグ(監督)
ケヴィン・スペイシー(製作・出演)
ライアン・ゴズリング(ドノヴァン似!)ドン・チードル、クリス・クライン
| いら | 映画ーさ | 18:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:12 | - | - |
東京は天気悪かったらしいね
此方は雲一つ無い青空
でもね見えないと探すんだよね

俺は神経太いとかおおざっぱとか言われてる
けど神経質とか繊細とかの人
いざやるときは無神経で大胆だ
ハートの問題ではなく脳神経の問題だと思う

心 細やかな俺なんか毎日が大変よ
| Ryu | 2005/10/19 7:31 PM |
>心 細やかな俺なんか毎日が大変よ

なんか・・・苦労してるの?(笑。
| いら | 2005/10/21 8:34 PM |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/301
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE