annex irabako

<< 窓 | main | 友へ,チング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ネバーランド
今日は「ネバーランド」と思って家を出たのだけど,同時に「東京タワー」も観たいじゃないともう一人の自分が囁いていた。それはここのところ自分を占めていた幻想によるものだけど,劇場の前にきて,自分が求めているものがはっきりしたのだった。子供の頃によく観た夢,体がふんわり持ち上がり自由に飛べた感覚がくっきりと蘇り甘い匂いさえ発していたのだった。

誰でもがそうだろうけれど,ピーターパンの本は子供のころ,とても刺激された。完璧ではないけれどおちゃめで夢のある少年。子供と観賞した「ピーターパン」にも私自身が釘漬けになったくらいで,かつての子供だったおとなだって,チクリと染みるものがある。

どうしてあんなに素晴らしい話しが生まれたかというのが「ネバーランド」のあらすじであり,とても美しい映画だ。わたしはピーターパンのモデルになる家族がいたことも「ピーターパン」が喪失から生まれたストーリーであったということも知らなかった。劇作家のジェームズ・バリは夫としては失格かもしれないけど,無垢な心を持ち続ける永遠の子供,つまりピーターパンそのものであったこともこの映画は教えてくれる。
何度泣いただろう。泣かせるように作られていないシーンでも泣けた。凧が上がれば涙が滲み,子供達が笑っても涙がでた。ジョニー・デップの深く柔らかで哀しみをたたえた表情でも涙が伝っていた。

夫を失い四人の子供を抱え絶望の淵にいるデイヴィズ夫人が最後に出会ったのがバリという想像力を信じる人であったこと,それだけで夫人は最期まで優しい気持になれたのだと思う。嘘でもホラでも信じるということは,人を自分を救うこともあるとわたしは思いたい。

そして,この映画の最大の魅力は,凄い演技をした子供を除けば,ジョニー・デップにつきる。ケイト・ウンスレッド疲れた表情もダスティ・ホフマンの(出番が少なすぎる!)抑えた演技もすばらしい。でもジョニーなのだ(好きだから欲目だけど)世の中の不条理の哀しみをそっと抑え,それでも夢を信じることを静かに,ほんとうに静かに演技するジョニーの無垢な瞳が,なんと光っていたことだろう。

マーク・フォースター (監督)
ジョニー・デップ,ケイト・ウィンスレット,ジュリー・クリスティ,ラダ・ミッチェル,ダスティン・ホフマン 
| いら | 映画ーな | 19:34 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:34 | - | - |
こんにちは
TBありがとうございました。
ジョニー・デップは言うまでも無いですが、私は、ケイト・ウィンスレッド見直しちゃいました。ネバーランドのシーンでは、女王の輝きがある表情だったと思いました。
| ningyo | 2005/01/20 7:54 AM |
TBありがとうございます。毎日この映画のサントラを聞いて、ふんわりした気持ちになっています。
大人になるにつれて、夢を見ることって簡単なようで難しくて、でもこの映画を観ている最中は本当に幸せな夢をみさせてもらいました。

『東京タワー』については、いらさんがどのようにご覧になるかとても興味があります。
| さち | 2005/01/20 3:13 PM |
コメントありがとうございます。

>ningyoさん

そうそうケイトも素晴らしかったですね。タイタニックでは印象よくなかったのですが「日陰のふたり」や「アイリス」を観てきて楽しみな女優さんだと思ってました。母としての柔らかさがでていてよかったです。

>さちさん

サントラ買ったのですか。音楽も雰囲気を盛り上げましたよね。
映像が美しさとピッタリでした。
「東京タワー」観たいです。
でも評判がいまいち?ですよねー。どうしよう(笑。
| いら | 2005/01/21 1:07 AM |
そうですよね〜。ジョニーですよね!彼だからこんなに良かったんだと思う。^^
透明感というか、純粋さというか…そういうものを持っている人だと思います。
私はジュリー・クリスティもとっても良いと思いました。
ダスティン・ホフマンの出番の少なさについては全く同感!ああもったいないです…。(^^;;
あ、こちらTBさせていただきますね。
| ゆっこ | 2005/01/24 10:58 AM |
TBありがとう。

ジョニーって,一作一作とほんとうに楽しみな俳優さんだよね。
目が離せません。絶対(笑。

そういえば10年以上前にスピルバーグの「フック」を観たのだけど,その時のフック船長がダスティ・ホフマンだったのよね。なんだか意識して使ったのではないかと思ちゃいました。

| いら | 2005/01/24 9:45 PM |
私もその「フック」観ましたよ。^^
ダスティン・ホフマンを起用したのは、少しその辺のシャレがあったのかもって思いました。
ダスティンさんはお話が来た時、とっても嬉しかったみたいですね。監督の「チョコレート」に惚れていたみたい。
それとジョニーにも。^^
| ゆっこ | 2005/01/25 3:13 PM |
あはっ〜観てました?「フック」!
おとなになったピーターという設定だったけど,おもしろかったね。「ピーターパン」のその後でもピーターパンそのものだったし。ダスティ・ホフマンも喜んだのですか。あ〜観ていてよかったなぁ。

ジョニーって不思議な人ですね。
女性に限らず男性の支持も多い。そういう人こそ魅力のある人なのだと思いますよね。
| いら | 2005/01/26 10:46 AM |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/144
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE