annex irabako

<< 初映画は? | main | 小さな波紋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Mr・インクレディブル
小学生に交じって(子供多し!)観てまいりました。
おとなの笑いどころと子供のそれは微妙に違っていて,なかなか愉快な時間を過ごしました。

内容はスーパーマンか007か,スパイダーマンか,とヒーローものをミックスしたアニメで,おとなから子供まで誰でもが楽しくなれる作りで感心。ひとりひとりのキャラがしっかり立っていて解りやすく,そして無理なくストーリーが紡がれています。それになによりもスピード感が飽きさせない。

インクレディブル一家はそれぞれ違ったパワーを持った家族である。けれど,飛び出た杭は打たれるものごとくスーパーパワーが禁止され,社会に適応していくために力を隠し窮屈な生活していた。ところが金と権力によって似非ヒーローになろうとする者が現れ,それぞれが持つ特殊パワーを全開してひとつになるのだ。
実力を発揮できない職場で悶々としながら脂肪を溜め込むインクレディブ氏,ひねくれそうな息子のダッシュ。自信がもてなく顔を隠している長女ヴァイオレット。ヒステリックに家族を見守るエラスティガールことインクレディブル夫人。それに忘れてならない赤ちゃんのジャックジャック。
不満が充満した家族が解放されていく様は新春にふさわしく爽やか(笑。

奇想天外なアニメであるのに,現代の家族の姿を映しだし,自信を持って生きるということ,家族愛などを,アメリカ社会の構造にまで触れながら,ユーモアたっぷりに描かれていました。アップテンポな運びにのせられて,つい引込まれたワタクシ。
それぞれのパワーは観てのお楽しみですね。

恥ずかしながら,涙がにじむほど笑いころげたので,今年の初映画にふさわしかったと改めて思った次第です。そういえば,去年の初映画もジム・キャリーで大笑いしたのでした。はい。
| いら | 映画ーま | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:51 | - | - |









http://irarun3.jugem.jp/trackback/138
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE