annex irabako

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
歩いても 歩いても


「歩いても歩いても」はあのブルーライトヨコーハマ♪からきているとは意外だったのですが、まぁ〜「歩いても」の先に繋がっているものをおもうに、ぴったりとしたタイトルです。

冒頭、老母は包丁で人参の皮をこそぎ、娘はピーラーで大根の皮を剥く。
そういう細かいズレからこの映画は始まります。
家長としての威厳を保とうとする父親、いつまでも母としての影響を与えていたい母親。なのに、老いを受け入れなくてはならない現実。親を見つめる息子や娘の複雑な心情と潜んでいる打算。
家族には小さなズレがあるのが当たり前なんですが、温かい絆が横たわっているのも家族なのだとおもいます。

映画は会話によって、この家族の抱えているものが見えてくるようになっていて、
心の表と裏がむきだしになり、引き込まれてしまいました。
微笑んでしまうような他愛ない会話にはやさしさもあれば毒もあります。
遠慮が無いだけに言わなくてもいいことを言ったり、言わなければならないことが言えなかったり。家族という枠を突き放せないからこそ不安定な空気が漂ってしまうのは、
誰にでも身に覚えがあること。

わたしは誰に移入するといったことでなく、
ひとつひとつのシーンのなかに自分がいるかのような気がしてしまったのでした。

最初は大人のつっかけを履いて、ただ「おばぁちゃん家」で気持ちが浮ついている子供に。母親の料理を手伝いながら、文句をつけたり、減らず口をきいたりする娘にももちろん。わたしの場合3人姉妹で、みんなそれぞれがきつかったので、母は樹木希林さんのような母親でいられなかったのですが。
そして、姑との息のつまる時間。夏川結衣さんの気持ちが痛いほどわかって、緊張が感染していろいろ思いだしていました。
それに、いつまでも心配で子供扱いしたくて、それでも息子に甘えたい希林さんにも、です。

観てからだいぶたつのですが、温かい音楽と美しい風景とともに、繊細で濃厚な心の描写がいつまでも残っています。わたしの失った「いままで」とともに。
そして、「いつもちょっとだけ間に合わない」というフレーズが、とても言い当てていて、是枝監督に「ありがとう」と言いたくなる作品でした。

是枝裕和(脚本、監督)
阿部寛、原田芳雄、樹木希林、夏川結衣、YOU、
JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ー邦画 | 00:41 | comments(0) | - |
トウキョウソナタ


「ぼくんち、不協和音」
佐々木家は傍から見れば、平凡でどこにもありそうな家庭。
どこの家庭でも多少の不協和音があるものの、佐々木家の場合はちょっと濃い。
リストラ、就職難、学校の問題、戦争、そして父親の沽券というもの、母親の暴走など、現代日本が抱える数々の問題であり、
父・母・長男・次男は八方に疾走し、停滞し、また疾走して、佇む。

傍から見ると、それらが非常にブラックな笑いの上に成り立っていて、
シリアスに、ホラーともとれて、とても誇張されている。
だからこそ、決して笑えなく、それは日本人だからかもしれないけれど、
胸がざわざわとしてしまう。

とくに家族四人の食事シーンは怖い。
絵に描いたような団欒は一発触発の様相で、他所様宅の食事シーンをとことん覗きみると、かなりホラーなのかもしれないと、おもってしまう。
おもいあたることが無いことも無いしね。

にしても母親役のキョンキョンに移入することが多くて、
ほんと困った(笑。
自身を「母親役」と語ること。
空間に腕を伸ばし「誰か助けて」。
「目がさめたら全部夢だったら」など、ぐさり。
とくに家庭内に起こる嵐に、母親というのはぎりぎりまで自身を埋没させていくものだけれど、「つぶれちゃえ」という言葉もでる。うん、納得。

暴走の果てに、夜の海を見ながら「何かが光っている」と初めて彼女の素の顔に光があたり、夜が徐々に明けて曙の光に包まれていくと同時に、現実に引き戻される母親のキョンキョン。
その表情が素晴らしかった。
身につまされつつ凄く心に残っています。

ラスト。
音楽の天才であった次男が弾くドビッシー。
これが感動的で美しい。
疾走してきた家族の時間を、観ているものの時間も止めてしまうかのよう。
美しいものは、少しずつ溜まっていった膿を消すのかもしれない。
これがアカルイミライと、わたしはおもいたかった。

現代の乾燥した時代。
つながりとは?と考えさせる作品でした。

2008年・日本
黒沢清(脚本、監督)
香川照之、小泉今日子、小柳友 、 井之脇海 、津田寛治、役所広司

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ー邦画 | 11:09 | comments(3) | - |
おくりびと


納棺師(本木雅弘)の指の動きが美しい。
チェロをつまぶく指先と、ご遺体を扱う指先が同じでハッとする。
丁寧に心をこめ、慈しみ、敬う。
おくられるときには、こんな指先に身をまかせたい。
きっと、美しいメロディーに包まれるにちがいない。

ストーリーは捻りもなく、とてもシンプル。なのにズーンとくる。
たぶん誰でもがたいせつな人を思い描き「別れる」ということに畏れ震え、生を失った体を旅立たせる厳粛な営みに心が高ぶるとおもう。
三年前、わたしも母を失っている。そのときに納棺師はいなかったけれど、一族が母を取り囲み、足袋をはかせたりしたことが思い出された。そして、うねりとなって襲ってきたのは悔い。人はたいせつな人を失ったときに、必ずといってよいほど悔やむという。たいせつな人の死は、粗末にしていた「生」を教えてくれるのかも、とおもう。

わたしは納棺師を知らなかったけど、なんとなく偏見を抱いていたかもしれない。けれど、多大な偏見を吹き飛ばすほど立派な仕事であることを知って、素直に頷く。
と同時に、たいせつな人と別れることも生が誕生することも、鮭が河を上るように自然な流れだということを改めて感じさせてくれる。
山形の美しい山並み、四季折々の花々、少しのユーモアと哀しみと、別れは死だけではないということ。そして、いっぱい生きるということ。ちゃんと食べるということ。
そういう自然なことを、感謝とともにわたしたちの中に残してくれる。
そんな映画でした。

もっくん、すばらしいぃー。

2008年、日本
滝田洋二郎(監督)
本木雅弘、山崎努、広末涼子、余貴美子

・・・

一週間ほど前、甲斐の善光寺に行きました。東日本最大級の木造建築物である甲斐の善光寺。寂れていて人もまばらなのですが、とても趣がありました。
ここには日本一の鳴き龍があるのです。手を叩くと、ビ〜〜ンと広い堂の中に響き、龍がほんとうに鳴いているみたいで、気持ちが引き締まります。
本堂の細く暗い廊下を廻っていくと、もっと細くて真っ暗な階段がありました。これがあの「お戒壇廻り。」死者が廻る道、とか胎内の道とかとも言われますね。「心」の文字をかたどった真っ暗な通路を娘と手を繋いでめぐりました。
漆黒の世界で、まるで自分の体が透明になり、意識だけが鮮やかで。怖いのに、なんだか洗われるような。

ちゃんと鍵に触れることもできたので、
わたし、、、極楽浄土に行けるかもしれません(?!)

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ー邦画 | 21:47 | comments(0) | - |
ザ・マジックアワー


三谷監督の唾が飛ぶような宣伝活動に侵され
観てきました。

前作はホテルマン、今度はムービィマンのお話。
舞台はシカゴならぬ「守加護(すかご)」という港町。
いかにもゴットファーザーがハバをきかしているような怪しげな街です。
でも時代は不詳。

ストーリーは、役者バカがあこがれの殺し屋の役を掴む話??
なのだけど、ちょっと様相が違っていて、
ギャングのボス(西田敏行)の女を寝取った備後(妻夫木聡)が命を守るために無名の役者、村田(佐藤浩市)を殺し屋に仕立てあげ、架空の映画製作をでっちあげるというもの。どー考えても怪しいシチュエーション。なのに、村田はおめでたくも、おおまじめ!殺し屋役をみごとに演じ、空回りしつつも意外な結果を招くのです。
嘘、騙しあい、勘違い!そこから生じる妙な緊張感とスリル!笑い!
楽しかったです。ラストはおもいっきり爽快で、ほっこり。
有頂天ホテルよりも、ぜんぜんおもしろかったです。

とくに佐藤浩市演じる役者バカの「・・・俺がデラ富樫だ。」、その光輝く怪演っぷりがすばらしい。同僚からは無視され、ADよりも演技がなってないと蔑まされている役者バカになりきった佐藤浩市。あの映画宣伝でおなじみのナイフ舐めのシーンにいたっては、三回もあってじつにお見事。おめでたいがゆえにほろりとさせるところもあって、"デラ富樫"のファンが急増してしまうことはまちがいないとおもわれます。

そして、三谷幸喜監督のことですから、とーぜん映画へのオマージュをたっぷりちりばめてありました。ここって「アンタッチャブル」?とか、あっ、「ギター弾きの恋」!ラストはもちろん「スティング」。全体的にはトリュフォーの「アメリカの夜」でしょうか?
それほど映画に詳しく無いわたしでも、映画への愛にほろりとしたり、くすくすと楽しむしかけに和まされたのでした。
まさに 三谷監督にとってのマジックアワー?(笑。

三谷幸喜(監督、脚本)
佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、寺島進、
伊吹吾郎、小日向文世、他、三谷作品常連さんてんこもり

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ー邦画 | 23:16 | comments(1) | - |
サッドヴァケーション
「殯(もがり)の森」でもおもったのですが、字幕をつけてほしいのです。
浅野さんのくぐもった声がよく聞き取れなくて、ボリュームを最大にしたり、あわてて小さくしたりと忙しい映画鑑賞でした。
さて、
わたくしも母ですが、さすが石田えりさん演じる母親のどっしりとした強さには開いた口がふさがりませんでした。浅野さんの母という設定には若すぎるだろう!とひそかなつっこみもしていましたが(笑。
で、その浅野さんですが、まるで思春期の反抗的な子供のような姿!
あの世の中を達観したような目線の浅野忠信さんの想像を超えた一面に
自分の中で、どう落とし前をつけたらいいのかあわあわとしてしまいました。
で、で、
これは復讐劇っぽいのですが、
息子と母親ですから、勝敗は決まってます。はい。

JUGEMテーマ:映画
| いら | 映画ー邦画 | 12:29 | comments(2) | - |
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程


隣で娘がすすり泣いているのを感じて「休みの日は平和なものを見つめていたい」と言っていたことを思い出し、少しすまない気持ちだった。いつも少年犯罪に向き合っているのだから休みの日ぐらいというその気持ちは解かるのに。けれど、わたしは「実録」と銘打ったこの作品は見たかったのでいつもの強引さで…。
その日、若松監督との討論会があるというので入場料は2000円。でも、その金額は高すぎることは決してなかったとおもう。
わたしが報道で得ていた情報は外側からだったけれど、それはかなり正確だったとおもうし、連合赤軍内部に視点を置いたこの映画の衝撃はかなり凄かった。

前半の連合赤軍が結成される経緯をつづった当時のニュース映像、ドキュメンタリー、閉塞感に包まれていく山岳ベースでの「自己批判」「総括」という名のリンチ、そして、あの「浅間山荘」内部の銃撃戦。
すべてが臨場感あふれていて、あの時代に何がおこっていたのか、なぜ革命に邁進せざるをえなかったのか、なぜ反権力を謳うかれらが権力に囚われていったのか、なぜ同志に手をかけたのか、ほんとうの「勇気」とはなんだったのか、大きな問題を提示してわたしたちに迫ってくる。
そして、ニクソンと毛沢東の会談を浅間山荘で初めて知るメンバーの呆気にとられた顔に、オウム事件をはじめ日本でおこっている閉塞的なできごとにも通じるものがあるのだと、知らしめているのではないかと感じた。

にしても、身震いがするほど怖く、いいようのない震えに襲われたのは山岳ベース内での総括と処刑だった。女を捨てろと声高に叫ぶ永田洋子の女の部分の醜い狡猾さがリンチを促進し、敵前逃亡を企てた経験のある森恒夫の自分の弱さを転換してせまる「総括」への厳しさの増し方。反権力、革命を謳っていたはずの二人がまるで独裁者のようになっていき、圧倒的に残酷な暴力が展開され、恐怖からただただ追随していく他のメンバー。そこには志もなにも地に落ちている。狂気に支配されているようにしかみえない。
その矛盾に満ちた必然的な流れ、それに飲み込まれていく閉塞的な図式が怖くてたまらなかった。

だからこそ、
ラストに叫ぶ加藤少年の言葉に、わたしは涙が止まらなかった。

映画の後、新宿で食事をしわたしたちは映画の話に終始したけれど、娘も観てよかったとおもっている様子でほっとする。けれど、新宿の雑踏を歩きながら、当時の新宿騒乱の映像が嘘のように感じた。

若松孝二(監督、製作)2007・日本
坂井真紀、ARATA 、地曵豪、並木愛枝、佐野史郎

JUGEMテーマ:映画

| いら | 映画ー邦画 | 17:03 | comments(2) | - |
夕凪の街、桜の国


夏の暑い日、夕食の支度をしているときに必ずといっていいほど「夕凪」がある。
一瞬風が止まり、まるで地からわき上がるように熱気が満ちる時。一日の暑さが体の中に充満し、外に熱が逃げてくれない感覚。
その「夕凪」のような街、広島。

この映画は原爆が落ちた広島ではなく、落とされた広島の街が舞台である。原爆後13年が過ぎても苦しむ人達の姿と、美しい「桜の国」に変貌を変えた平成になってからの広島が対比されていて、静かに訴えかけてくるものがあります。

落とされたのに、小さな差別を生んでしまうこの国。
映画では、若い頃観た「地の群れ」のように被爆者差別への強い糾弾はないけれど、被爆した母親が被爆しなかった息子の被爆者の娘との結婚を反対するシーンや、被爆した娘が「生きていていいのか」と負い目を持ち続けるシーンがある。この不条理。
でも、原爆を落とされた被害者であるのに苦しみ続けなければならない哀しみが、静かにそして温かい周りの人達の愛で包まれて語られるからこそ、いっそう涙がわきこぼれてしまう。「生きたかった」という言葉が静かに、こだまし続けるのです。

そして二部「桜の国」では、原爆は、原爆が落とされたその日だけの惨事ではなく、平成になってからもその足跡は消えないということをひしひしと伝えてくる。
数年前、わたしは友人と広島に行き、原爆ドーム、記念館と周ったのです。広島の駅周辺の賑やかさと対比するように、思いがけず小さく静かで…消えない傷を抱え込むような緑の一角。展示されているものは想像を遥かに超えたものだったし、真新しい折鶴が芝生に積まれていて、すでに半世紀は過ぎているのに、そこは佇んで、あったのでした。不思議なことに外人の子供が多く、日本人が少なかったことが印象的で…。

映画として、二部は評価されないかもしれないけれど、今でも被爆によって、その連綿と続く放射能の後遺によって苦しんでいる人がいる、ってことを忘れないことが、この「桜の国」の意味だとおもう。

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ー邦画 | 18:17 | comments(0) | - |
明日への遺言


無知をさらけ出すようだけど、
「爆撃は軍事的目標に対して行われたものに限り適法とする」とは知らなかった。第一次大戦後6カ国が集まり作られた戦争法規制、世界のせめてもの良心?!けれど、歴史で学んだ戦争爆撃のひとつとしてそれを守ったものが無いということ。
さらに無知をさらけ出すようですが、
アメリカでは「報復」が合法となりうることがあるということ。
とてもびっくりした。と、同時に岡田資中将(東海軍司令官)の潔い信念に体が硬直し、その後とめどもなく感動の涙がこぼれた。

冒頭はピカソの「ゲルニカ」。無差別爆撃の悲劇を描いた絵だ。続いてむごたらしいさまざまな当時の映像。これは紛れもなくわたしたちが生きている世界でおこったこと。ほんとうに言葉につくせないほど悲惨で、平和ぼけのわたしには現実のことなのかと混乱してしまう。

でも、当時を生き、嫌でも戦争をせざるを得なかった人々の気持ちは知っているべきなのだと、映画を観ていておもった。その中には卑劣な生き方をした人もいるかもしれないけれど、ほんとーに尊敬に値する人がいたこと、それも事実なのだから。
わたしは岡田資中将のことを知らなかった。
自分の命を投げ打っても部下のため全責任を負う。無差別絨毯爆撃の違法性について、結果は想像できても戦う。それは未来のための明日への戦いといえる。こんな尊敬すべき高潔な人物がいたことに頭が下がり、今の日本のこどもたちに知ってほしいとおもう。そして、今、トップにいる方々、こういう精神を持っていますか?知ってますか?と問うてみたい。

ほとんどが法廷だけの地味な映画。地味すぎるけど美しい実話。
そこには仏教の精神「あるがままに受け入れる」が漂っていた。

JUGEMテーマ:映画
| いら | 映画ー邦画 | 19:28 | comments(0) | - |
自虐の詩


中谷美紀さん演じる薄幸の女性の名は幸恵。
幸に恵まれるという名であるのに真逆の人生。
だが、生きてさえいれば幸も不幸も同じぐらいに価値があるのだ…ということらしい。
でもなぁ…、せっかく作ったお料理をひっくり返されるのは嫌だなぁ。わたしだったら絶対キレちゃいます(笑。このちゃぶ台返しが数回出てくるのだけど、その映像はなかなか美しい?!のですが(笑。

内縁の夫イサオ(阿部寛)は元ヤクザで乱暴者の上、パチンコ、競馬三昧のヒモ男。幸恵に惚れて彼女の爪まで磨いていた男が何故?ヒモ男になってしまったのか謎のまま取り残される。それでも幸恵のイサオを見つめる目はいつもハートマークなんで「愛さえあれば」という自虐人生ということなのかも、と無理やり納得するわたし。
隣の女性はすすり泣いていたのに、わたしはちっとも涙が出なく、笑いと涙の純愛映画って響かなくなってしまったのかと不安になっていたのですが、幸恵が中学時代の旧友、熊本さんと再会したときに、やっと涙が。
男で苦労していると、そーなのかも(笑。

中谷美紀さんはどーしても「嫌われ松子」とかぶってしまいます。薄幸の女性が板についてきちゃいましたね。すごく美人で薄幸というと、日本の男性は好きそう、なんて。にしても、役選びも自虐?
| いら | 映画ー邦画 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
キサラギ


「いちご娘で〜す」と香川照之。
HPを始めて、最初のころに書いた日記のことを思い出して笑った(HNが可愛くて若い女性と勘違いされていたおじさんの話)

話題だった「キサラギ」をやっと観賞。
ネットで知り合ったアイドルおたくの5人の男たちが焼死したアイドルの一周忌に集まり、死の真相を探ろうとする密室劇。
密室劇にありがちな二転三転とする話の流れ。定番の濃いキャラとコミカルでサプライズな展開が狭い一部屋に目を釘付けにする。
心理合戦が密室劇の醍醐味だけど、斜め後ろ45度がジョニデ似や、50K減量、青島キャラも唐突とはおもえないおもしろさ。薄れていくC級アイドル像。そして、家元(小栗旬)の200通のファンレターの行方には完璧にやられ、もちろんラストのダンスは必見!で。
仕事帰りに駆け込んだレイトショーでしたけど、疲れを吹き飛ばしてくれる映画でした。

これだから、わたしは密室劇が好き。
三谷幸喜の「12人の優しい日本人」はもちろん「笑の大学」もそんな要素があったし。ローレンス・オリビエとマイケル・ケインの「探偵スルース」もおもいだしました。再見しよーかしら。

虚と実。すべてのことは偶然ではなく必然であるけれど、真実って作られるものなのね、とあらためて。
そして、香川照之って、さすが!すばらしい。小栗旬は見直しましたですね。はい。

佐藤祐市 (監督)
古沢良太(原作・脚本)
小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之
| いら | 映画ー邦画 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE