annex irabako

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ノーカントリー


拳銃であけた穴ではなく改造酸素ボンベで作られた完璧な穴。
初期作品「ブラッドシンプル/スリラー」の穴を再現?美しい光は漏れてきませんでしたが、その迫力ある丸い穴に魅入られるっていうか。
コーエン兄弟は光と影と円(丸・輪廻?・人生?)のマジシャン。わたしはこの映画を観ながら再度確信しちゃった次第(笑・おばかです。

テキサスの原野、たくさんの死体が転がる中で偶然にも大金を手に入れたモス(ジョシュ・ブローリン)。ベトナム戦争での体験からか、まだ生き残っていた瀕死の男が気になってしかたがなく水を届けることにするのだが、それが原因で彼は追われる身となる。でもこれまたベトナム戦争からの自信からか逃げおうせると踏むモス。ところが、彼の追っては想像を超えたモンスターだった。

コーエン兄弟独特のユーモアと皮肉、そしてぞくぞくするほどの恐怖に捕まえられて、最後まで引きずられてしまった。

まず、獰猛な犬に追いかけられ距離が縮まっていく恐怖や床に靴の後が残るほど首を絞められる苦しさの表現など、音楽も言葉も極力控えた中で実体験しているような感覚に襲われ、つい肩に力がはいりのけぞってしまう恐怖。
でも一番の恐怖感は、たとえばホームから転落した人を助けようとして電車に轢かれてしまうような運命のめぐり合わせみたいなもので、ふとした出来心とか良心みたいなものも180度狂ってしまうことが人生にはある、とおもってしまうこと。

モスは妻をおもい、良心の欠片は持ち合わせているものの金の前では非力で、欲と自身のルールにしたがって行動する一般人だ、たぶん。
でも、殺し屋シガーの存在は圧倒的に揺るぎのない死神のような存在。無表情にコインの表裏を問うモンスター、ハビエル・バルデム演じる殺し屋の不気味さは、変な髪形で可笑しさを醸し出しつつも、あっさりと他者の運命を決めてしまうのだ。まるでこの時代を具現化しているみたいに。
トミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官はかつて良き時代の若者で「老いたるもの」の代表。彼はシガーの飲み残しの牛乳を飲んでみて彼を知ろうとする。フツー飲まないでしょう(笑。ところが、飲んでも彼の気持ちがさっぱりつかめない、浮かばないわけで、歯がゆくも深い溝、断絶、自分の力の不甲斐無さで困った顔になるばかり。CMでおなじみの宇宙人トミーにこんなところで会えるとは思ってもいませんでしたよ、まじで(笑。
は、冗談ですけど、
この三人の生き様は自分の決めたルールに従っているようでいて、ほんの些細なところで裏返ってしまう、かの殺し屋シガーさえもそうだと、人生の輪の皮肉が漂っているような気がしたのでした。
唯一登場する女性なんですが、モスの妻。彼女の最後の言葉が救いなのですが。

さて、暴力と血に染まったこの恐怖映画。
ラスト、唐突にほっとする夢の話が出てきます。月の形をした光の話。
わたしはエンドクレジットをぼーっと眺めながらその光がどんどん大きくなってくるのを感じたのです、不思議なことに。
映像にはまったく無いのにその光を感じるマジック。

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン(監督、脚本)2007・米
コーマック・マッカーシー(原作)
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド
JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ーな | 23:43 | comments(2) | - |
虹の女神


まだ青みの残った空に一番星を見つけた。
ドキッとするほど黄みがかって輝き、横には飛行機雲がいままさに消えかかっているところだった。なんだか、ひさしぶりに空に入り込んだ感じ。いつも見ているはずなのに空に向かってわたしの何かが伸びていき、緩やかなものに包まれて軽くなりるような。くよくよしていたことや悩まし続けていることが一瞬飛び散るような気がした。

先日観た「虹の女神」では水平線様の虹が美しかった。
市原隼人が相田翔子の罠から放たれ、空を眺めたときのこと。
でも、とくに胸にぐっときたのは水溜りに写った虹。水溜り好きです!と叫びそうになるくらい、虹が美しくかすかに揺れて、空にすっぽり収まってしまった錯覚。男の子と女の子の影も青春の足跡のように胸に残った。

「虹の女神」のストーリーは夢、恋、生と死をモチーフにした青春映画。
なぜか懐かしい匂いに浸たれたのは感傷的になりすぎたせいかもしれないけど、身近すぎて気ずいてもらえないもどかしい恋というのはせつなくてはかない。
「好き」という言葉が発せられない「あおい(上野樹里)」の、ただひたすら「好き」と書いた秘かな走り書きラブレターがいい。男の子に女を感じさせないあおいの素敵なキャラがまぶしい。
鈍感なところが好き。笑顔が好き…。
鈍感な…で激しく納得。

にしても、上野樹里の素ともとれる演技にただただ脱帽。監督が引き出したのだろうか。そして、市原くんの、ほんとーにふつうな男の子的なところがいいとおもった。

熊澤尚人(監督)岩井俊二(プロデュース)
| いら | 映画ーな | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』

正直なところ、わたしがディランを初めて聴いたのはブルージーな「LIKE A ROLLING STONE」で、ディランに惹かれたのはサム・シェパードの「ローリングサンダー航海日誌」を読んだころだ。だから、「Like〜」以前のフォークをまじめに聞いたのはだいぶ後になってからという呆れるほどのモグリふぁん。
この映画はそんな私に強烈なパンチをくらわしてくれたのでした。

「転がる石」が賛否両論の的になったことは何かで読んだのだけど、イギリスでの聴衆の姿は初めて観たせいだろうか(「ドント・ルック・バック」未見なので)憤りさえ感じてしまった。ヤジやブーイングの嵐の中で演奏を続けるディランの姿は最高にカッコいいのだけど、胸がキリキリと苦しかった。そして、「裏切りユダ」と叫ぶ人までいたことがショックで。
言葉は発せられたときではなく過ぎてからしか拾われないものなのだろうか。天才は姿が見えなくなってからしか理解されないものなのだろうか。

ブルースロックを始める以前、ウッディ・ガスリーの後継者やフォークの神様と言われプロテストフォークを歌うディランは、時代の寵児として持ち上げられた。けれど、そのときもディランは世界から浮いているように見えたのが印象的だった。天才は風に吹かれながら1歩も100歩も時代の先を転がっていくのだなぁとつくづくおもう。ディランにとってのデヴューからの濃密な数年間はホームを求める旅であったのだろうか。

ライブがすべて、レコードは抜け殻だと言うディランがヨーロッパツアーからライブを止めてしまうわけですが、バイク事故の後「ビッグピンク」の地下室で活動を始めるまでの数年間があったおかげで、息の長い活動が続けられたのかもしれないですね。

Any day now, any day now,
I shall be released.

スコセッシ監督の「ラストワルツ」は大好きな映画だけれど、「ノー・ディレクション・ホーム」もディランを浮き彫りにしたすばらしい映画でした。インタヴューに答える言葉のひとつひとつに歌と同じく力があって、老いてもカリスマ性は健在で、書き留めたいくらいでした。

あ〜・・・カッコいい!
| いら | 映画ーな | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
24シリーズ
ひさびさに「梅の花」。
美味しいのだけど、感動が薄れるのは舌が鈍感になってきたのか、それとも舌がわがままになってきたのか迷うところ。あまりにも梅酒だけが自分を喜ばすので、オサケを頂く機会が多いせいかもしれないと思ってしまうのです。

さてさて、いよいよ「24」に手を染め出しました。
あっちではどうなったの?こちらはどうなの?となんだか忙しい映画だけど、虜になる気持ちがわかります。笑顔を失ったみたいにみんなシリアスな顔をしています。人が次々死にます。この調子でいくと、全シリーズを観終わるころには、
死人の数を覚えていられなくなるかもしれないです。
続くかしら・・・。
| いら | 映画ーな | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネバーランド
今日は「ネバーランド」と思って家を出たのだけど,同時に「東京タワー」も観たいじゃないともう一人の自分が囁いていた。それはここのところ自分を占めていた幻想によるものだけど,劇場の前にきて,自分が求めているものがはっきりしたのだった。子供の頃によく観た夢,体がふんわり持ち上がり自由に飛べた感覚がくっきりと蘇り甘い匂いさえ発していたのだった。

誰でもがそうだろうけれど,ピーターパンの本は子供のころ,とても刺激された。完璧ではないけれどおちゃめで夢のある少年。子供と観賞した「ピーターパン」にも私自身が釘漬けになったくらいで,かつての子供だったおとなだって,チクリと染みるものがある。

どうしてあんなに素晴らしい話しが生まれたかというのが「ネバーランド」のあらすじであり,とても美しい映画だ。わたしはピーターパンのモデルになる家族がいたことも「ピーターパン」が喪失から生まれたストーリーであったということも知らなかった。劇作家のジェームズ・バリは夫としては失格かもしれないけど,無垢な心を持ち続ける永遠の子供,つまりピーターパンそのものであったこともこの映画は教えてくれる。
続きを読む >>
| いら | 映画ーな | 19:34 | comments(7) | trackbacks(0) |
ニュースの天才


何が真実で,何が嘘か。
真実だと信じていることが絶対真実だと言えるだろうか。
なんて考え出したら頭がパニックになってしまう。
ニュースはともかく,日常でも自分の経験から言えば,過剰な甘え上手な人は怪しいかも(笑。

この映画は,アメリカの最も権威のある雑誌(THE NEW REPABLIC)の売れっ子ジャーナリストの書いたニュース記事が,ほぼ半分は捏造されたものだった,という話しだ。興味があって観にいったものの見終ってしまえば,巷にあふれる捏造話しを頻繁に目にする昨今,それほど驚かない自分を発見してしまう不思議。ナレってやつだろうか,怖ろしい。
世の中は面白可笑しい話しを欲しているし,それでなければ受けない時代の弊害だろうか。いや,でもニュースの捏造は,やっぱりまずいですよね。

スティーブン・グラス24歳(ヘイデン・クリステンセン)は編集部で最年少ながら,政治や企業の恥部をスクープしては暴露記事をユーモアをまじえて書くため,売れっ子だ。ストーン誌にも書いたことがあるらしい。映画としては,その捏造記事が暴かれる過程を描いているのだけど,彼の人となり,人間関係のほうが興味をそそられた。
続きを読む >>
| いら | 映画ーな | 19:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
25時


なんともいえないやるせなさが
ひしひしとくる映画だった。
25時というのは,
24時間後のことを言うのだろう…


24時間後,麻薬の売人エドワード・ノートンは密告され,刑務所に収監されることになっていた。約7年間刑務所に入ることは,人間性を否定され一個のモノとして扱われること。うーん,アメリカの刑務所事情はすさまじすぎて怖い。
そして,この映画の背景には9・11があって,彼の後悔や不安がリンクしているように全編にやるせないいらだちが漂っている。

ノートンは最後の24時間を友人,妻,父親と過ごすものの,NYへの執着,自己嫌悪,後悔,絶望,疑惑など他,いろんな思いが彼を襲う。
続きを読む >>
| いら | 映画ーな | 11:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
再見「2001年宇宙の旅」
キューブリックどのが,感覚の映画である。何度も観てほしい。
と,インタヴューで言ってた気がしたので,BSで再見しました。

少しはモノリスの謎の手がかりが掴めるか,と思ったけどやっぱりダメみたいだ。
最初のモノリスの出現で人類は道具を手にする。二番目のモノリスで進歩しても人間の愚かさが暴かれるみたいな感じがするのだけど,その先が解らない。宇宙を漂うそれと,無機質な部屋に置かれたそれが,やっぱり謎。
続きを読む >>
| いら | 映画ーな | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE