annex irabako

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
グラン・トリノ


早いなぁ、もう五月も半ば。
桜に浸る間もなく新緑になり、今にも咲くぞと紫陽花が待ち構えている。
職場で日々起こることも家庭内の出来事も世の中の変化も、過ぎてしまえば小さなかき傷で、やがて何も無かったみたいに皮膚は再生されているかのよう。
けっこう強いなぁー自分っておもったり、麻痺という言葉が浮かんだりする。でも、きっといい意味の老化がわたしを緩ませているのかも、と少し微笑む。

でも「グラン・トリノ」のクリントイーストウッドの最期はそんな自分を少し戒める。何かを残すということ、これからを繋ぐということ、そんなことをおもう。わたしはだいそれたことをできる器じゃないし、勇気の欠片も無い。「決断」にいたってはかなりかけ離れた言葉である。けれど、無い頭でやっぱり少し考える。

職場の一角にまるで1950年代のアメリカかのようなカラフルなエプロンが飾られた。ふりふりで華やかで、緑色や青色のケーキを作っている金髪の白人が想像できる。自然と笑顔に包まれ、ダンスミュージックだって流れてしまう。
きっと「グラン・トリノ」というフォード車だってピッカピカで
ぴったりだったはずだ。

そんなアメリカだったはずのイケイケ!アメリカは強気で朝鮮戦争、いや、今の今までまっしぐら。でも、歓喜と深い傷とを重ねながら今のときを迎えているのだと、「グラン・トリノ」は静かに厳しく語っていた。
移民の国、アメリカはこれからどんなチェンジが待っているのだろう。
わたしごときには想像がつかないけれど、少なくともイーストウッドの答えはこの映画の中にあるとおもう。

とにかくなんだか凄かったのだ。ラストの歌を聴きながら、涙は伝わるし体が動かない。
イーストウッドの愛が勇気が、決断が
うねりとなって伝わってくるし、
日本人なのに、わたし、日本人だけれど・・・
若い頃に染み付いていたであろうアメリカへの憧憬がひたひたと、
海の映像と重なって音をたてていたのだった。

2008年 アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド
   コリー・ハードリクト
   ブライアン・ヘイリー
   ブライアン・ホウ
   ジェラルディン・ヒューズ

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ーか | 18:00 | comments(2) | - |
悲しみが乾くまで


深い喪失と再生を模索する映画にも関わらず、
家族のことはすべてを知り尽くしていると思い込んでいる身勝手な主婦の姿に少々驚き、認め(笑)、心の襞に潜む女の暗部に目をそむけずにはいられない作品。
わたしも身勝手だけれど、だけれど、、、う〜ん、ここまでは。。。

オードリーの夫ブライアンはある日、見ず知らずの夫婦の喧嘩に巻き込まれて射殺されてしまう。家族を守ってきた良き父、良き夫がいなくなってしまったのだ。
普通、夫が亡くなれば子供のために働かなくてはならなくなり、現実というものが叩きつけられるのに、オードリーは今までと同じ専業主婦のまま。金銭的にも恵まれ、生活に変化も無ければ、瞬間的にいるべき人がそこにいないというだけで、現実的に夫の死を受け入れることは難しいのだろうなぁとおもう。

以前、ナンニ・モレッティの「息子の部屋」(好きな映画です)でおもったことなのだけど、喪失から再生に進むには、きっちり現実を受け入れ、おもいっきり嘆き、悲しみ死を悼むこと。現実をいつまでも認めなければ、先にはすすめないのだ。

夫には無二の親友ジェリーがいた。彼は麻薬に溺れる逃避型の人間で、彼女は彼を好ましくおもっていない。なぜ夫が彼を見捨てないのか不思議でさえあった。
なのに、彼女はジェリーを家に引き入れる。
夫の代用品として。

やがて、ジェリーが子供の信頼を得、オードリーの知らなかった娘と夫の秘密まで知っており、代用品だった彼が夫ではないと気ずくオードリー。
そして、彼女は彼に嫉妬と、怒りを見せ始める。ジャンキーのくせにと自分にも腹をたてているかのよう。ジェリーは親友を失った悲しみを抱えながら、再生の道を歩もうとするのに、オードリーはそれを潰そうとさえするのだ。
彼女の大写しになる顔、唇、瞳には悲しみと憎しみと絶望と苦しみと、嫉妬でごちゃまぜになってせまってくる。
この嫉妬がやるせなかった。辛いのもわかる。けれど、怒りをぶつける相手がジェリーであるという女の身勝手な哀しさ。

一方、ジェリーはオードリーに想いを寄せ始めていた。けれど、その想いを伝えることはできるわけもなく。その苦しみと孤独を抱えながらオードリーを守り受け入れようとする心の広さがいじらしくて、せつない。ジェリーの人の良さは弱さにも通じるのだけれど、オードリーの夫ブライアンの気持ちが解かるような気もした。

愛する人の死というのは時間を費やすものだ。
けれど、きっちりと死を悼むことで、ふたりの関係も変化していくだろうとおもう。
再生の芽はすぐそこに見えている。
10歳の娘の依存しない生き方。
自ら輝く、というジェリーの言葉。

ジェリー役のデル・トロ、やっぱり素晴らしい。
絶望にすさんだ姿も、再生に向かう生き生きと輝く瞳も観るものの気持ちに響く。
麻薬と戦い苦しむ鬼気迫る演技にも目を奪われる(にしても、デル・トロってブラピに似ているよなぁ・笑)
名優ふたりの戦い(?!)のようだったけれど、やっぱりデル・トロ?!
(チェ・ゲバラも凄く期待できそうだっ)

心の襞をていねいに描いた素晴らしい作品。
スサンネ・ビア監督作品は「しあわせな孤独」だけしか観てないので、
他の作品も観てみたい。

スサンネ・ビア(監督)
ハル・ベリー, ベニチオ・デル・トロ, デヴィッド・ドゥカブニー, アリソン・ローマン, スサンネ・ビア
JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ーか | 01:37 | comments(0) | - |
輝ける女たち
凄い秋晴れ!
エネルギーが落ちかかっているときに、この空気は恵みのよう。
わたしはだいぶ前に観た「輝ける女たち」を思い出している。居心地のいい椅子にくるまれながら、そっと背中を押される感じがした映画。とってもフランス映画らしくオトナの作品。

キャバレーオーナーの死をきっかけに、ばらばらだった遺族たちが自然と繋がっていくというストーリー。お互いの秘密を認め合いつつ自然と流していく、というのがフランススタイルっぽく粋で、魅力的だった。
元妻のふえぶてしさを前面に出しながらもカトリーヌ・ドヌーブの強く美しい姿には圧倒され、40歳を過ぎても妖艶で少女のようなエマニュエル・ベア-ルの歌声は酔わせる要素がたっぷり。中年のミュウミュウも海のような広さが滲み出ていて、その自然さに癒される。そして、ジェラルディン・ペラスがフランス語の歌詞で歌う La Rose (The Rose)にはジーンときて涙が出ていたのでした。

何歳になっても、何があっても
スタートはいつもきれるのよ。

そんな感じを温かさとともに与えてくれる映画だったのです。

JUGEMテーマ:映画


| いら | 映画ーか | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
クイーン


こんな映画が作れちゃうんですねぇぇぇー。
日本では想像することもできません。
クイーンの心の内を見せないクールさ、品格、孤独、心痛を丸ごと描いてしまうのだからびっくり。クイーンみずから男っぽく車を運転してしまうエピソードもしかり。

驚きの連続でしたけれど、それを絶妙な表情で演じるヘレン・ミレンさんあってのことだと唸ります。眉間の皺さえ抑えた言葉を発しているようで、映し出される顔に見入っていました。

実際の映像をところどころ盛り込み、リアリティを追求しているように見えましたけれど、真実に限りなく近いのでしょうか。クイーンはダイアナの死に一粒の涙も無かったの?とか、チャールズの不甲斐無さとかフィリップ殿下の冷淡な感じとか、無知な凡人はそのまま受け入れてしまいそうです。そして庶民的なブレア首相が、やたらいい感じで登場。イラクのこともありますし騙されそうでした(笑。

でも、見ごたえありでした。
宮殿も庭園も、そして美しい英国の山々もうっとりで。
| いら | 映画ーか | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
木靴の樹


名作の力って凄いなぁーとおもう。

観てから数日がたつのに、ひとつひとつのシーンが名画をめくっているように残っている。ミレーの絵画とそっくりなシーン。リアリズムにこだわった自然の光。朝靄のたちのぼる大地。農作業をしながら自然と生まれる歌声。与えられた運命を静かに受け入れる人々の表情。それにほんとーに穢れなき子供たちの美しい顔。

まるで四季に添って繰り広げられる壮大な叙事詩を観ているようだった。

けれど、19世紀末、北イタリアの寒村にくらす小作人4家族の生活は決してのどかとはいえなかった。今のわたしたちには想像を超える過酷さが胸をしめつける。
収穫の3分の2は地主に納め、家畜、畑の樹一本にいたるまで地主のものであること。立てなくなった牛が家族の死を意味し、拾った金貨も隠さなくてはならないほど所有ということが許されない世界。
そして、息子の木靴を作るため一本のポプラの樹を倒したことだけで、家を追われ、それは家族の死も意味してしまうということ。掟が親心に勝る不条理に心が凍りつく。酷すぎるとおもう。酷くても仲間は心を痛めて見送ることしかできない。
民主主義を訴える進歩的な若者もいる。けれど、小作人である彼らにその波が届くのはずーっと先のことなのだろう。ただ日々を受け入れ淡々と暮らし、従うということが彼らには自然なことなのだ。
すごく、せつない。
せつないけれど、無欲な彼らの美しさにわたしは言葉が無い。貧しいのに、より貧しい人に与える愛に言葉を失う。天使かと見間違える子供たちの姿がまぶしい。
人の根源的な生がここにある。

奇蹟のような映画でした。
3時間たっぷりあるけれど観てよかった。

エルマンノ・オルミ(監督)
| いら | 映画ーか | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
隠された記憶
 

ハネケ監督といえば、たぶん「ピアニスト」しか見ていない。
妙な笑いを醸し出されながら、じつは母の娘に対する罪の大きさにおののき、インパクトの強さは宇宙規模であった。とーぜん監督の名前はくっきりと刻まれ、イザベル・ユペールふぁんになり・・・。
で、「隠された記憶」

人気キャスターのジョルジュは妻アンと息子ピエロとともに裕福で幸せな生活を送っていた。 ある日、彼らの住居を外から撮影しているビデオテープが届けられる。次に届けられたテープには ジュルジュの過去に纏わる風景が。不気味な絵も添えられていて家族は不安と恐怖に陥っていく。
でも、ジュルジュ自身は封印されていた過去と向き合うことになる。
という衝撃的なシーンてんこもりのサスペンス。

盗撮されているというのは気持ち悪い。見られる生活をしているのに、それをつきつけられると不安になる。不安はその背後を想像させ、自分の封印していた罪を炙り出すのかもしれない。
子供のころの他愛ない「告げ口」がいかに自身に罪として重石になっていたか。
善悪の判断がついたころに下したその罪への悔い。できれば忘れさったままにしておきたい。無いことにしたい。
でも、何者かによって暴かれてしまう。ひいては自分で暴いてしまう。
不安と怒りは相手に自分に恐怖をともない向かってくる。
わたしも子供のころの他愛ない告げ口や悪戯を封印しているかもしれない。
たぶん、暴かれるのを恐れて。

背景にはフランスの加害者、被害者の歴史も織り交ぜてあるのだけれど、
封印されても消えないものだとおもう。傷は両者に居座り続ける。
日本だって同じこと。両者が存在している限り、隠すことはできない。
加害者と被害者はまるでサイコロのように入れ替わる。

で、犯人ですけど、
公式ページに示唆しているように、学校の階段シーンにあるのだろうとおもう。
たしかにすべては繋がってくるかもしれない。
でも、それはそれほど重要なのだろうか。
それぞれの想像の中で悩ませる楽しさでは、とおもった。

仏。ミヒャエル・ハネケ(監督)
ダニエル・オートゥイユ、 ジュリエット・ビノシュ、 モーリス・ベニシュー
| いら | 映画ーか | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
キンゼイ

友人のゼヒ!のすすめに借りてみた。30歳の彼女にもわたしにも「性」の関心度は似たようなものかな。うん?(笑。
けれど「性」の話以上に、学者とはこのように飽くなき熱意のある人をさすのだろう、と感心してしまった。もちろん妻の理解というものもすごい。なかなか題材のわりには堅い作品だ。

性について語ることがタブーだった1940年代アメリカに人々の「性」についての実態を調査するため、アメリカ各地をめぐり1万8,000人にインタビュー調査を行った実在の生物学者、キンゼイ博士を描いた作品。

人間の性に対する無知、衝動、抑圧などは個々によって違い、秘密の匂いのするものだけど、こんな学者が現れ、それに答えるアメリカという国の深さにも驚く。日本ではどーなんだろう。
しかし、生真面目なキンゼイの目を通してみていると、セックスのエロティックな部分は薄れていくから不思議なのです。

ラスト、キンゼイ夫婦が深い森に入り、樹齢1000年の樹に触れるシーンがある。ハッとする。なぜか性の話よりも永遠の命にめくるめく色気を感じるのだ。
邦題は「愛についてのキンゼイ・レポート」
ここにこそ「愛」の深さ、永続性が漂っていた。

2004年米、ビル・コンドン監督
リーアム・ニーソン、ローラー・リニー
| いら | 映画ーか | 21:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
キングコング

10年ほど前マンションの13階に住んでいたことがある。ベランダーに出るたびに足がすくんで力が抜けるので、洗濯物を干すときは下をみずに空を見ながら干したもの。とは言っても、足が土地に触れていないという感じが嫌だというのでなく、夢の中でビルからビルへ飛べた快感とスーパーマリオ(当時、嵌まっていた)になったような妙な感覚がしたものだった。ばか!(笑。

さて、ロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソン監督「キングコング」だ。
かくじつに100回は死んでいるだろーと思われるナオミ・ワッツが、昔々TVで見たジェシカ・ラングの二番手としてコングガールで登場。戦場のピアニストさんもダイハードとして登場。
監督の味付は初代キングコングの神秘的なところを取り除き、シェラックパーク調味を加え、これでもかこれでもかと戦わねばならないゲーム感覚スパイスがもりこんであった。もちろん「落ちる」「飛ぶ」快感が眩暈と同時に妙な気分にさせられる。だから、3時間もあるのに寝ちゃいられませんぜ、という仕上がり。究極の娯楽映画とはこういうザワザワとした気分にさせられるのかもと、いい映画か否かという以前に楽しませてもらったわけです。あはは(意味深)

昔々こどものころ初代キングコングはたぶん3回くらいTVで見ている。美女と野獣の心の交流になんかほのぼのとしたものを感じたのだけど、さすが今回は美女は素朴な心を持った強い男(野獣?)を殺してしまうものなのだ、なんて曇った目になってしまっていた。祖国の山と似ているエンパイアステートビルディングも文明を持った人間の権威を象徴しているのだなぁなんておもう。

けれど、初代「キングコング」で印象的だったのはコングの手の上で美女が滝のシャワーを浴び、コングが乾かすところであった。そーか、キングコングの息はフルーティなのか、と驚くと同時に尖らす口がおちゃめでコングをちょっと好きになったりしたのだった。
あいにくとロード・オブ・ザ・キングコングには傍らに滝が見えているのに、まてどくらせどそのシーンに遭遇することが無い(笑・かわりに氷上のデート?)
正直なところがっかりであった。
| いら | 映画ーか | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
クラッシュ


「人種問題」と車のクラッシュ、アカデミー作品賞、
それだけの情報で、今日、劇場に向かった。
どんな映画なのだろう、と。

たしかに前半は差別的な言葉が口汚く乱れ飛び、LAで生きることのストレスと緊張感にうっ!となりそうだった。ロスは人種の坩堝、まるでごった煮のような街なんだなぁーと、かつて抱いていたロスとの違いに幻滅さえ感じてしまう。
ところが、後半になってから、まるで独楽が急速に熱を帯びてくるように、ストーリーは違う一面を見せてくる。これはロスだけのことではないかもしれない。わたしたちすべての人にあてはまると。

人はひとりで生きてはいけない。人と接触することで初めてその人が見えてくるものだとおもう。悪人に見えても善の部分を持っていたり、善人そうなのに卑小でエゴイストだったり、幸せそうなのに孤独だったり、と、表裏一体の「人」が表れてくる。先入観で人を見たり、人を決め付けることの不確かさが見えてくる。
そして、人種差別の強い警官のエピソード、車泥棒の一面、奇跡のような「透明マント」の話など、群像劇のひとつひとつが美しいとしか言いようがなく、胸にぐっと染みてくる。

でも、胸に熱いものがこみあげて「愛してる」の言葉に安堵しながらも、それは解決にいたらないのだとおもう。たぶん、これからも先入観という魔物のような人を見る目が、哀しいことに衝突を作り出すのだろう。
ただ、群像劇「マグノリア」で降るはずのない蛙が降ってくるように、ロスに美しい雪が降る。美しいものが人の心には必ずあると雪が舞っていた。

観てよかった。
ほんとーにすばらしい映画でした。
「透明マント」の奇跡にわたしは胸が震え、
希望を感じたのです。

ポール・ハギス(監督)2005年米
ドン・チードル、マット・ディロン、サンディ・ニュートン、サンドラ・ブロック
| いら | 映画ーか | 22:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
きみに読む物語

ずらーっと並んだそのDVDの前はいつも躊躇なく素通りしていたのに、どうしたことか手にしていた。想像していた通りの恋愛もの。ちょっと臭すぎるラブストーリー。
けど、10代のアリーとノアの恋愛物語は強い引力で自分を過去のある時点に連れていくのだから、なんだかくすぐったい。
恥かしながら、わたしはアリー(レイチェル・マクアダムス)のような女の子だったらしい。おきゃんで鼻っぱしが強く、親の拘束に反抗的で(笑。あぶなっかしくて付いていてあげたい、とか、子犬みたいと言われたことが何度かあった(失笑。まぁ〜そんなおばさんの身の上話もキモ悪いから、「きみに読む物語」に戻りますか。

このストーリーの軸は「永遠の純愛」
この永遠の純愛を貫く男に、女は理想の男性像を見てしまうという魔法の物語だ。

ストレートに告白してくる強い男。自由で豊かな感性で包み込んでくれる男。ふたりの約束を守り形にできる男。愛を片時も忘れることの無く、死ぬまで妻のために愛を捧げ、たとえ妻がアルツハイマーになってもふたりの愛を読み聞かせる夫。

女性側にとってはヒジョーにつごうのよい男性像は女の涙を誘うし、酔わせてくれる。アリーのような幸せな女を夢みてしまう。ひところブームだった(今も?)韓流ものもこんな感じなんだろうか。やれやれ。


ニック・カサヴェテス(監督)
ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ
| いら | 映画ーか | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE